スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

擬似HDR実験

ひさしぶりにEASY3Dのバージョンアップ情報を見ていたら
E3DCreateRenderTargetTexture
というすごい機能が搭載されていました。
フレームバッファをテクスチャにするものなのですが、
これをつかえば擬似HDRっぽい表現が可能ではないかと思って実験です。

とりあえずHDRっぽくみせるのに一番重要な部分は「明暗のダイナミックレンジを稼ぐこと。」
なかでも特に「明るい部分」をどこまで明るくできるかがポイントだと思っています。
(理屈上普通のグラフィックの作り方ではテクスチャにせよ頂点カラーにせよ、暗くすることしかできないので、、、)

とりあえず、サンプルプログラムを参考にしてフレームバッファをテクスチャにして、それを
カメラの前に適当に画面にあわせて置いた板に貼り付けて加算表示にしてみました。
non.jpg
↑コレが元画面です。
320240.jpg
↑320×240でテクスチャをつくり、加算表示しました。

あまり調整できてませんが、ちゃんとやればまあまあな見た目になりそうな感じではあります。


で、さらにこのテクスチャをかなり荒い解像度で作って貼り付けることで画像が自動的にぼけるので、
ブルーム効果が出せるのでは?という仮説があるので、それの実験
160120.jpg
160×120でやってみました。
うーん。あまりきれいじゃないですね。けっこうジャギった感じでぼけるのでこのぼけ方なら
あまりこういうことはやらないほうがよいかも、、、
あと、やはりカメラの前に適当に板を置いているので、ずれが目立ちます。

結構いろいろやっていくと実用化できるかも、、、という手ごたえはありました。
本当はこのテクスチャをスプライトに持っていくことができれば、位置も狂わないし、ぼけ方も
少しましになってきれいな画面になるのでは?という仮説もあります。
そういう機能がついてくれるとよいなあ。。。(あるいは工夫次第では可能?)
最悪カメラの前に常にリンクさせて板を置くしかないかもしれないけど、
かなり数学が必要になりそうでげんなりします。。。。

<追記>
fix.jpg
擬似HDRにスプライトスクリーンの入射光効果を加えて見ました。
こんなに明るくすることはほとんどないと思いますが、わりとハイエンドに見せられるかも、、、
あとはシャドウマップがあれば、、、

<さらに追記>
おちゃっこさんの掲示板で質問してみたところ、どうもレンダーテクスチャをスプライトに持っていくことが
できるっぽい!
次はそれの実験をしてみます
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

おちゃっこさんの掲示板をみて、気になったのできてみました。
テクスチャ1枚でここまでHDRを再現できるんですねー。参考になります。

確かに低解像度による荒が少し目立ちますけど、
暗い場所から明るい場所の移動したときのみ使用すれば、
それほど目立たずに逆にいい味になりそうですね。

こんにちは。たけなかさん。
やってみました。わりと使えそうな感じです。
ただ、低解像度はやっぱり使うの難しいと思います。
画像だとそうでもなく見えるかもしれませんが、これ
動くとすごく厳しいです。チラチラして、、、
逆に、なにか毒を食らったとか、そういう効果にはつかえるかもしれませんw
プロフィール

yam2

Author:yam2
ゲーム作りをはじめました。
HSP&EASY3Dはすごいですね。
本製作はUNITY3Dに乗換中
。。。だったのですが、
むずかしくて一度挫折、、、
今はmultimediafusion2で
修行中です。
いつかリベンジします。

ゲーム以外の製作ブログを分けました。
http://ameblo.jp/h-yam2001/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。